HOME > 沿革・歴史
沿革・歴史

部会沿革

1936(昭和11)年11月

商経学科同窓会(校友会)として発足、三崎町本部新館にて初代会長に松波仁一郎氏が就任。


1948(昭和23)年 4月

経商学部校友会総会(三崎町経済学部本館)にて二代会長に高橋徳次郎氏が就任。


1958(昭和33)年10月

経商学部校友会総会(三崎町経済学部本館)にて三代会長に船越四郎氏が就任。


1965(昭和40)年10月

経商学部校友会総会(ホテルニューオータニ)にて四代会長に内山仲次氏が就任。


1968(昭和43)年 4月

経商学部校友会総会(ホテルニュージャパン)にて内山仲次氏の死去に伴い五代会長に加藤修氏が就任。


1975(昭和50)年 2月

本年より経済学部校友会として活動することがホテルオークラでの総会で決定。


1989(平成元)年10月

正副会長会議(校友会事務局)にて、六代会長に江ア真澄氏が就任。


1997(平成 9)年11月

臨時総会(経済学部本館)にて江ア真澄氏の死去後空席となっていた七代会長に長谷部平吉氏が就任。


1999(平成11)年 9月

校友会事務局2号館に移転。


2005(平成17)年 6月

経済学部校友会総会(三崎町経済学部本館)にて八代会長に梅田勝利氏が就任。


2006(平成18)年10月

経済学部校友会発足70周年記念式典挙行。帝国ホテル東京 『富士の間』


2006(平成18)年11月

経済学部校友会発足70周年記念講演会開催。「経済学部7号館大講堂」


2014(平成26)年 5月

経済学部校友会役員総会(日本大学桜門会館)にて九代会長に中川圭造氏が就任。現在に至る。


2016(平成28)年10月

経済学部校友会発足80周年記念式典・祝賀会を挙行。東京ドームホテル 『天空の間』

歴代校友会会長

初代 松波 仁一郎
(昭和11年11月〜昭和23年3月)
2代 高橋 徳次郎
(昭和23年4月〜昭和33年9月)
3代 船越 四郎
(昭和33年10月〜昭和40年9月)
4代 内山 仲次
(昭和40年10月〜昭和43年3月)
5代 加藤 修
(昭和43年4月〜平成元年9月)
6代 江ア 真澄
(平成元年10月〜平成8年12月)
7代 長谷部 平吉
(平成9年11月〜平成17年6月)
8代 梅田 勝利
(平成17年6月〜平成26年5月)
9代 中川 圭造
(平成26年5月〜現在に至る)

▲ このページの先頭へ